and検索 or検索

2018年12月1日

Trisquel mini 8.0の設定など

関連動画
https://youtu.be/UE95Jpfybdg
https://youtu.be/ms-Btv-2lxI
https://youtu.be/agez96rT4e0

LXDEタイプなので使い心地は悪くないです。
動作も良い感じでした。
ただ独自のパッケージを採用しており、パッケージ内容が少々微妙。
初心者向けでは無いと感じます。
自分好みに仕上げるには少しばかり細工が必要なようです。
また今気がつきましたが、私の環境だけかもしれませんが、イヤフォンを挿すとザーと雑音が聴こえます。(なんだろな?)

さて設定について少々。
初心者向けでは無さそうなので、簡単にします。

ブラウザはデフォルトでMidori。
パッケージの中にはFirefoxベースの独自のAbrowserがあります。
Firtefoxの代替としてはそれで十分。
Chromiumが無いので代替として、Iron又はSlimjet辺りが使えます。

このままではメディア関連が弱いのでCanonical パートナーリポジトリを追加します。
ターミナルから下のコマンドでファイルマネージャーを開きます。
sudo pcmanfm
/etc/apt/sources.listをLeafpadで開き↓を追加します。
deb http://archive.canonical.com/ xenial partner
Synaptic パッケージマネージャから再読み込みします。
キーが無いぞと怒られるのでキーを登録します。
エラーメッセージの中にキーらしき文字列が表示されるので、↓のコマンドを入れてキーを登録します。
sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys 鍵番号(エラーに表示されていた文字列)
再読み込みします。(sudo apt-get update)
エラーが出なければOK。
これでadobe-flashpluginを入れられます。
Flashも終わりが近いですが、まだ無いとちょっと困る。

GdebiをSynaptic パッケージマネージャで入れる。
Gdebiがあるとパッケージに無い物はdebファイルでアプリのインストールが可能。
パッケージに無い物は公式からdebファイルなり、リボジトリ登録なりしてインストールする。
https://pkgs.org/と言うサイトでUbuntu 16.04 LTS (Xenial Xerus)の中からUbuntu用パッケージのdebファイルをダウンロードする事も可能。
Ubuntu 16.04 LTS (Xenial Xerus)用のリボジトリを登録して、Ubuntu化して使う事も可能かと思います(自己責任)

SMTubeでYouTubeを観る。
SMPlayerはパッケージにありましたが、SMTubeは無いので公式から入れる。
端末からコマンドでインストール。
sudo add-apt-repository ppa:rvm/smplayer
sudo apt-get update
sudo apt-get install smtube

これで観れなければ↓をコマンドで入れて見る。
svn co https://subversion.assembla.com/svn/smplayer/smtube/trunk/ smtube
svnが無いぞと怒られるので指示通りに入力してインストール。
もう一度「svn co https://subversion.assembla.com/svn/smplayer/smtube/trunk/ 」

更新をかけてアップデートがあればアップデートする。

最初パッケージからSMPlayerを入れた後から公式からSMTubeを入れたためか見れなかった。
「svn co https://subversion.assembla.com/svn/smplayer/smtube/trunk/ 」をした後でアップデートに気がついてアップデートして見れるようになったので、どれが正解か謎。
多分公式からSMPlayerを入れなかったためと思われ、「svn co https://subversion.assembla.com/svn/smplayer/smtube/trunk/ 」はしなくても観れるかも?

Officeはパッケージに「Libreoffice」があるので、「Libreoffice」を使うなり、WPS Officeを使うなり。
プリンターはデフォルトでプリンター設定があるので、お使いのプリンターに合わせて設定すると使えます。

ネットブックで使う場合は文書作成編集、インターネット観覧やメール、SMTubeを利用してのYouTube視聴。
多分Gyao!も視聴可能です。

後はそれぞれ自由にカスタマイズすると良いと思います。
こういう手の掛かるOSを使うと勉強になります。
後で役立つ時もあるので苦労も悪くはないと思います。
(私が変態?)

投稿者 なおりん : 21:42 | Ubuntu系

コメント

コメントしてください




保存しますか? はいいいえ