and検索 or検索

2019年3月22日

32bitLinuxにてSkypeが使えなくなりました

表題の通り32bit版LinuxにてSkypeが使えなくなりました。
Skypeでメッセージをやり取りするネットの友達はあまり居ないのですが、たまには使う事のあるSkype32bit版Linuxでは既に使えるアプリは無くなっていました。
そんな訳でChromiumにてChromeの拡張機能版のSkypeをありがたく使っておりました。
まぁ要するにWeb版をアプリ風に使っていたと言う事ですな。

ほんの数日前までは使えていたのですが、今日Skypeにメッセージが入っていたので、返信をしようといつもの通り起動しましたら、ChromeかEdgeだけしかブラウザから使わせてやらんと怒られました。
Skype使いたけりゃアプリ入れろと言う事らしいです。

ってか32bit版Linux用アプリないやん。
Linuxは64bit版だけしかない。
ポンコツPCではSkypeするなと言う事らしいです。
うぬ…。
スマホかタブレットしかないですなぁ。
文字入力面倒くさいやん。
Skypeする時はFireタブレットにキーボード付けてやるか、わざわざWin機起動してって事になるんかぁ。
面倒くさい(泣)

σ(・_・)だって好きでChromium使っている訳じゃないんじゃ〜。
本当はChromeが良いんじゃ〜。
でも32bitのポンコツじゃ〜Chrome使わしてくれないやん。
どんどんポンコツPCの肩身が狭くなっていく…。

投稿者 なおりん : 23:46 | Linux全般

コメント

コメントしてください




保存しますか? はいいいえ