and検索 or検索

2020年1月24日

BionicPup 8.0 CEをインストールしました。

めちゃくちゃ今更です。
一応はPuppy系は一つは用意して置きたい私ですが、すっかり重要性が薄くなってしまっている現在、いつの間にか古くなってしまっていたからです。
一応サポート中のバージョンにしておきましょうかとBionicPup 8.0 CE 32bitをインストールしました。

まぁ今のPuppy系では最も無難なバージョンでしょう。
http://distro.ibiblio.org/puppylinux/puppy-bionic/bionicpup32/
から
bionicpup32-8.0-uefi.iso
をダウンロード。

日本語化パッケージを
http://shinobar.server-on.net/puppy/opt/
から
lang_pack_ja-2.1.sfs
をダウンロード。

Puppy Linux日本語語サイトの活動はほぼ休止状態で、日本語化パッケージもちょっとばかり古いですがまだまだ現役で使えるようです。

UnetbootinでUSBメモリにインストールしましたが、残念ながら起動しませんでした。

PCがポンコツ過ぎたのか?
何か間違ったのか。

どれが正解だったのかは分かりませんが。
BusterDogでまるっとコピーしてgrubをインストールし、メニューファイルを修正してみても起動せず。
念のためGrub Customizerを適当に編集して起動してみたら、何とか無事起動しました。

起動さえしてしまえば、Puppy側からどうにでもなるのでOKです。

今はほとんど活躍の場がないですが、極稀にあって良かったPuppyちゃんと言う時があります。
32bit版最後のUbuntu系となるBionic Beaverですが、あと3年はサポートされるのでしばらくは安泰である。

で早いか遅いかで言うと、特別軽いとは感じない。
使い心地は可もなく不可もなくと言う所だろうか?
もう随分以前から、早い!軽い!と言う感想はなくなりました。

投稿者 なおりん : 13:52 | Ubuntu系

コメント

ubuntuベースのpuppyはxenialまでなら軽かったのですが
bionicはシステムが変わって軽量にするのが難しくなったのかもしれないですね
他に18.04-32bitベースで軽いディストリだと日本語入力するのに手間がかかりますが
bodhiが使い易いです シングルコア1Gの低スペックでも動作が機敏です
debian busterベースだとQ4OSが3.10になってから日本語化するのが簡単になったとか
後はantix19が人気ですね


投稿者 キコ : 2020年1月26日 13:49

キコさんコメントありがとうございます。

昔初めてPuppy Linuxをインストールした時はあまりにキビキビ動くので感動しましたが、今では他のディストリビューションと大きく違いを感じられなくなりました。
それでも手軽にUSBに用意しておけるのは便利です。

私の今のお気に入りはBusterDogですね。
今もBusterDogから書き込んでいます。
インストールも簡単でアップデートも通常のDebian系と同じ様に出来るので助かります。

今年はUbuntuのLTSがリリースされる年ですが、やはり32Bitは無さそうですね。
私のPCは32Bitばかりなので、Bionicを最後にUbuntu系とはおさらばになりそうです。
あと3年後のサポート期限まで頑張って貰うしかないでしょう。

いつも偶数年は少々テンション上がりますが、今年からは関係の無い物になりそうです。
少し寂しいですねぇ。
低スペPCはどんどん肩身が狭くなって行きます。

投稿者 なおりん : 2020年1月27日 21:41

コメントしてください




保存しますか? はいいいえ