and検索 or検索

2018年8月26日

SparkyLinux 4.8.1 LXDEその2

その前に一言二言。
Lubuntu18.04.1についてですが、パッケージマネージャ等表示が変で不愉快と言う件ですが、ルックアンドフィールの変更で解決しました。
テーマによってなのかな?
その辺書いた記事等修正を入れておきます。

Lubuntu18.04.1はDropboxの不具合を除けば普通に使えるようになりました。
ですがSparkyLinux 4.8.1 LXDEが良すぎてもう元には戻れません(笑)

SparkyLinux 4.8.1 LXDEの設定等完了しました。
mtpaintが入っていなかったのはちょっと意外でしたが、他いくつかいつも自分で入れているアプリなどは既に入っていました。
deb-multimediaはもちろん、いつも公式から拾って来て入れているアプリ等(Vivaldi、WPS office他)は全てパッケージに入っておりとても楽に設定を完了させる事が出来ました。
とても親切設計なディストリビューションと感じます。
もうすっかり惚れ込んでしまいました。

ですがWPS officeの日本語化は相変わらず言語パッチエラーになります。
もう公式での日本語サポートは打ち切られてしまったのかもしれません。
ただWPS Office自体には日本語パッチダウンロード機能は残されたまま特にアナウンスもないので勝手に日本語化して使います。
日本語ファイルがあれば「/opt/kingsoft/wps-office/office6/mui」の中へ管理者権限で放り込んでやるだけで日本語化は出来ます。
なければ英語表記のまま使用は可能だと思います。

そして「HP Compaq d✕6120st」にBasix4.0をインストールしました。
Basix4.0については以前のブログで一度やっているので良いかなとも思いますが、気が向いたら記事に致します。

投稿者 なおりん : 10:14 | Debian系 | コメント (0) | -

2018年8月25日

SparkyLinux 4.8.1 LXDE

Lubuntu18.04.1をインストールしてイマイチだった「トライジェムジャパン AVERATEC AVN1140」ですが、以前から気になっていたSparky linuxを入れてみました。
最近では10年前位のネットブックにはUbuntu系よりDebian系かなと考えていた今日この頃。
本家は難しいので無難に使えるDebian系ディストリは?と考えていました。

今の所はかなり良い感じです。
今はまだアップデート、日本語化、タッチパッドの無効処理、PAE化処理だけ完了しています。

isoファイルはこちらから拾って来ました。

Win7機でダウンロードし、Universal USB Installerを使いUSBに焼きました。
最近はWin7を使うのが良い感じです。
インストール方法はDebian系でありながらUbuntu系と似たインストーラーが採用されています。
Ubuntu系のインストールに慣れているなら簡単だと思います。
そしてDebian系では大抵userパスワードとrootパスワードが別ですが、
同じにする事が出来ます。
インストール時に自動ログインの設定も可能です。
この辺の仕様もUbuntuっぽい。

初回起動時には日本語表示されていますが、まだ日本語化は完全ではありません。
初回起動時にアップデートと日本語の言語パックをインストールするかと問われるのでOKを押します。

それでも日本語入力はまだ出来ません。
Synaptic パッケージマネージャより、Fcitx一式とfcitx-mozc一式をインストールします。
再起動すると日本語入力が可能になります。
多少処理は必要ですが日本語化は簡単です。

初回起動時はnon-paeなので複数コア、ハイパースレッドに対応していません。
paeのカーネルもついでにインストールしておきます。
linux-headers-686-pae一式と、linux-image-4.9.0-8-686-paeをインストールします。
もしかしてlinux-image-4.9.0-8-686-paeだけ入れれば良いのかな?
先にlinux-headers-686-pae一式入れてpaeで起動しなかったのでlinux-image-4.9.0-8-686-paeを入れた次第です。
よく解らないでてきとーにやっている奴なのでご勘弁くださせぇ。
再起動するとpaeで起動し、無事2スレッド認識しました。

タッチパッド無効処理はxinputをインストール後Lubuntu18.04.1の時と同じです。

今の所とても良いです。
動作はなかなか軽快で安定しています。
特徴的なのは独自のアップデートツールが入っている事です。
Debian系では自分でアップデートのランチャーを作って使っていますが、このアップデートツールが使いやすいので便利です。
「トライジェムジャパン AVERATEC AVN1140」はこれをメインに据えようと思っています。

朝からインストール作業をしているので、そろそろ家事をしなくてはなりません。
仕事が休みでも家で家事と言うのが主婦の辛い所ですな。

細かな設定とはまた改めて。

投稿者 なおりん : 11:41 | Debian系 | コメント (0) | -

2018年8月21日

本家Debianをインストールしてみたが

HDDが空っぽになってしまった「トライジェムジャパン AVERATEC AVN1140」に本家Debian Stretchをインストールしてみたが真っ黒画面になってしまった。
起動はしているようだが画面には何も映らないと言う悲しい結果になりました。

これはドライバですな。
内蔵無線Lanも認識しなかったし多分そうじゃ。
セーフモード?みたいなんで起動したらばRootにログイン出来てアップデートも出来るようなのでゴニョゴニョすれば何とかなるのかもしれないが、私にはちとばかり難易度が高い。
そこまで苦労しようとも今の所思えない。
つかLiveを拾ったのにお試しもせんとインストールしたっけな(汗)

Win7もWin10も他ディストリビューションも今まで何事も無くインストール出来ていたので忘れていたがちょっとばかり変態なネットブックであった。
何が変態かと言うと。
「トライジェムジャパン AVERATEC AVN1140」を購入した時色々調べたのだが、Win7は普通にインストール出来るがWinXPのクリーンインストールだとドライバが当たらなくて大変だと。
WinXP機として売られているPCなのに、リカバリー領域以外からのXPインストールは使い物にならんと言う記事を読んだ事を思い出した。

今までDebianベースを入れても何も問題は起こらなかったと言うのは、カスタマイズが優秀なのですな。
悲しい事ですが、この機での本家Debianは諦めようぞ。

Lununtuのポイントリリース版18.04.1をダウンロードしたので暇見てLubuntu18.04.1をインストールしよう。
いつになるかは解らないが、今はSDに「Puppy stretch 7.5」があるのと、HDDには使えない「Debian stretch」しか無いので早いとこやりたいな。

Lubuntu18.04を入れてある機はあるがあまりに使えなくて起動していないためアップデートもしていない。
さてポイントリリース版は改善されているだろうか?
楽しみである。

投稿者 なおりん : 23:45 | Debian系 | コメント (0) | -

2018年6月8日

Kona Linux 4.0 black

え〜以前にも取り上げましたがEeePC 1000HAに入れ直しました。
と言うのもEeePC 1000HAを入手したおりに最初に入れたのがこのKona Linux 4.0 blackでしたが、PCに他のディストリビューションを入れたりとかしてる内に起動しなくなりました。

このEeePC 1000HAはこの機種特有かこの機固有の癖かわかりませんが少々癖がありまして、パーティション操作したり、PuppyのGrubを入れたりすると機嫌損ねて折角入れたディストリビューションが起動しなくなったりします。

今は何となくその癖も把握しつつ、試行錯誤しながらご機嫌取りながらディストリビューションを何とか死守しながらパーティションを3つに割りました。

この機種にはLubuntuとAntix17が入っているのですがどうもイマイチなのであります。
この機に合わないのか最新Lubuntuが悪いのか?
どうもめっちゃ力入れてめんこくしたのに、Lubuntuの起動がやたら遅いです。
使っている内に嫌になりました。
かといってAntixに戻るのもなぁ(汗)
Antixはきちんとメンテをすれば結構使えるのですが少々癖が強い。

パーティションも何とか3つに割り一つ空いている事だしと最初入れたKona Linux 4.0 blackを入れた訳ですな。

まぁ一通りの手順はこちらとほぼ同じですが少々違う所もあります。

まずはライブCDの部屋様が落ちていたのでKona様の本拠地(Google Drive)からダウンロードしました。
ライブCDの部屋様はRikenを利用できなくなりKonaシリーズはこちらの方が安定しているかも?です。

以前入れた時はリボジトリがtestingのままでしたが、今回はきちんと直されていました。

もう一つプリンター設定において何やら画面表示が変で上手くプリンターの追加が出来ませんでした。
ブラウザより「http://localhost:631/」にて設定。
ログインはrootログインで行います。
間違ってユーザーでログインしようとするとブラウザを再起動しないとログイン出来ません。

Kona Linuxシリーズは少々作成者様の拘りの多いディストリビューション(ペイントアプリが3つもあったり)ですが、日本人が使うには安定のDebianでしょうなぁ。

すっかり自分仕様に変えて今ではWin7風にてKona感ゼロですが(笑)
LubuntuやAntix17よりほぼほぼ安定していて良い具合になりました♪

投稿者 なおりん : 12:07 | Debian系 | コメント (0) | -

2018年6月4日

Debian本家断念

昨日Debian本家に挑戦しましたが断念する事にしました。
Lxdeに変更しましたが、最初Gnomeだったからか?
それとも何か可笑しな事をしたか?
Debianの本家の仕様?
sudoが上手く使えなくて難儀しました。

でその前にDebianについてちょっと書いてみます。

DebianはUSBメモリでもインストールメディアの利用がOKとなってますが、私の環境ではUSBメモリを読み込まずネットブックで入れるのは外付け光学ドライブの利用をせねばならぬので面倒臭いのでやめてました。
HP Compaq d✕6120stでやろうとすると無線LANアダプタが認識せず、LANケーブルを使うには遠すぎると言う環境で断念。

今回極楽はぜさんのブログのこちらの記事を参考にインストールを試みましたが、ソフトウェアの選択で上手く選択出来ずGnomeが入ってしまいました。
すぐにLXDEを入れてLXDEからログインして設定を試みましたがどうも上手く行きませんでした。
Gnomeはとてもスタイリッシュで今時で格好良いのですが、どうも使いたいアプリをどう開くかがよく解らぬので全然無理でした。

と言う訳で無理してDebian本家様を使うよりはカスタマイズされたKona様謹製やantix辺りで良いやとなりました(汗)
Ubuntuは本家様でも結構簡単ですが、Debianの本家様はなかなか難儀だと思い知りましたでございます。

所詮私はまだ初心者に毛が生えた程度の普通のおばちゃんでありました。

投稿者 なおりん : 08:58 | Debian系 | コメント (0) | -

2018年6月3日

Debian本家

今までDebian本家を入れた事は無かった。
今回初めて入れました。
Lxdeを入れたかったけど間違ってGnomeを入れちまった。

思ったよりは重く無かったけれど、勝手が違いすぎて使い方がわからん。
ですぐにLXDEに変えます。

取り敢えずGnomeのスクショを載せて詳細は後日。

投稿者 なおりん : 20:25 | Debian系 | コメント (0) | -

| Top